自身の周りに法律問題(例えば、相続・離婚・交通事故といった問題)が発生した場合、その処理を弁護士に依頼することになります。


その場合、当然、弁護士費用というものが発生します(法テラスという支援制度を利用する場合については、別の手続ということになりますが、法テラスについては、その資力要件があり、誰でも利用できるというわけではありません。

法律の相談の特徴を紹介するサイトです。

)。


民事事件の弁護士費用については、ざっくりわけると、1相談料、2着手金、3成功報酬に分けられます。



相談料は一般的には30分5400円が相場となっており、これは初回相談無料の事務所も存在します。

基本的には依頼者が事務所へ行って、弁護士と直接話をする、という形態です。
その相談時間に応じて費用が発生します。

その相談の結果、事件をお願いすることになれば、仕事の開始時点で着手金というものが発生します。



事件の種類にもよりますが、大体いくら位なのかは、インターネットで日弁連の弁護士報酬規程を参照すれば見当はつくと思います。

何十万円という単位ではありますので、普通の感覚だとしり込みしてしまうかもしれません。


この着手金は、相手方との話合い(示談交渉)、実際に裁判になった場合(訴訟)、訴訟で一審で事件が完結しなかった場合等段階が変わるごとにその都度かかってくることになります。


そして、結果として依頼者の要望に応えられた場合、成功報酬が発生します。


通常こういったそれぞれの代金が発生することを念頭に置いて依頼する必要があります。